読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

続・日本の国際化と東京ドリーム学園

30年前頃、付き合いでTOEICを受けたら200点余りのスコアでした。私は古風な人間で「英語力なんて総合力だ、一夜漬け勉強なんてしても無駄だ」なんてうそぶいていました。
さすがに東京ドリーム学園の英会話コースはまだありませんでしたが、25年前くらいに「犬猫」で有名な英会話学校に通って米国駐在しました。
すると、TOEICのスコアは一気に650位に躍進しました。その後系統的な英語の勉強はしていませんし、英語を使う機会に巡り合わないので、現在のスコアは落ちていると思います。
もちろん東京ドリーム学園などに通って、系統的な英会話学習をすることは大切です。
しかし、英会話ができることと、人間としての国際化は別次元の話です。
日本人は特に、国際化が遅れています。
外国人でも、白人を見れば全部英語が通じると考え近寄って行くか、目を合わせずスタコラ逃げ出す。同じ外国人でも東アジアや東南アジアの同胞に対しては、完全に上から目線。黄色いバナナといわれる所以です。
中東や南アジアの民と分かれば、理由なく無視する始末です。先方がたどたどしい日本語で語りかけて来ても、です。あ~ぁ何たる日本人民よ。君の頭はまだ鎖国時代か?
異文化の民は欧米だけではありません。英語に関していえば、アジアの人達ほど勉強している。実際話せる。実際アジアの民に、「日本人、英語下手ね」と流ちょうな日本語で、言われた時、さすがにムカッと来ましたが、その事実を認めないわけにはいきません。
何も「日本の国際化」のために東京ドリーム学園に今すぐ通いなさい、とは申しません。
非難を恐れず敢えて申し上げれば、日本の国際化には、ある種の「度胸」が大事だと思います。
これは英語の得意でない私が海外駐在したり海外出張した経験則ですが、英語を正確に流ちょうに話そうと考えてはいけません。知っている単語の羅列で良いから、とにかく話す。自分で話しかけていく度胸が必要です。アジア人だろうと、アフリカ系の民であろうと、もちろん、白人系外国人であろうとも、飛び込んで話しかける勇気が大切です。一種のナンパみたいなものです。
さぁ明日は参議院選挙の投票日。投票結果は日本の国際化に少しは関係があるのでしょうか?